ニットジャケット

手軽に羽織って着ることの出来る
カーディガン代わりのジャケットということで作った物です。
深いワイン色のダンボールニット素材を新しく探していたのですが、
見つからず手元にあった羽織をほどいて作ることになりました。





この布は気に入っていた
和装羽織をほどいた物です

ウールのダンボールニットで
とっても深いワイン色が
お気に入りとのことでした
縁取り

ウールの出来上がり巾1.5cmの
メートラインで縁取りをしました

表からは手でまつって
裏側は表からの落としミシンで
止めています

ボタンは上のみで止め
さっと羽織れる感じの
ジャケット
ポケットをつけること
 
 糸−ニット用レジロン
 芯−布端全てハーフバイアス接着テープ
 裏−背裏のみ キュプラタフタ
 ボタン−手持ちの皮のようなもの 1.6cmの物1個

< 作 成 メ モ >
思った以上に羽織をほどくのがたいへんで、布の傷みもあったけれど、
仕上がってみるととっても素敵で、お似合いでした。
本人が捜し求めていた色合いの物はサスガに雰囲気にピッタリです。

縁取りのメートラインをミシンでたたくだけて止めたかったのすが、
風合いが損なわれてしまう結果になり、手でまつり止めることに。
裏側もまつった方が良いのでしょうが今回は表からの落としミシンにしました。


  








inserted by FC2 system